いますぐ、はじめよう

Hour of codeとは?

世界中で、48,000以上のHour of codeが開催されています。

Hour of Codeはアメリカで2013年から始まった、子どもたちにコンピュータサイエンス教育を普及させようという運動です。コンピュータサイエンスの基礎を学ぶことができます。

Hour of Codeは非営利団体Code.orgにより運営されています。Code.orgは、より多くの学校がHour of Codeに参加する事、女性の参加を増やす事そして、マイノリティの学生にコンピュータサイエンスへの参加を拡大させることに専念しています。マイクロソフト, アップル、アマゾン、そして、大学の理事会などのパートナー達が支援してくれています。

 

12月5-11日はコンピュータサイエンスウィーク



小さな頃にコンピュータの基礎を体験することが

将来の大きなアドバンテージになります。

開催はいつですか

12月4日(Sun)11:00 ~ 12:00

完全予約制での開催となります。

会場はどこですか?

東京メトロ四谷3丁目駅から徒歩3分。

誰が参加できますか?

小学生以上なら、大学生から一般社会人まで何歳でも参加可能です。保護者の方が同伴可能であれば、小学生未満でも参加可能です。

ただし、先着10名の完全予約制になります。

申し込みはお早めにどうぞ。


持ち物は何ですか?

何も必要ありません。

当日利用するiPadは、こちらでご用意しています。

難しいですか?

iPadを利用したビジュアルプログラミングなので、誰でもカンタンに体験できます。また、子どもプログラミング教室の講師がわかりやすく解説します。

他のイベントと同じですか?

TekuruのHour of codeでは、ただ単にHour of codeを体験するだけではありません。

完全オリジナルのプレゼンテーションを通して、プログラミングとは何か?なぜプログラミングを学ぶべきなのかも、楽しく体験しながら理解することができます。



受講にあたって

注意事項

交通機関・天候・ビルメンテナンス等の都合で、スケジュールが変更になる場合があります。その際は事前に告知の上、振替開催となります。

また、本講座で扱う内容以外の質問には、回答できないことがあります。当スクールの営業上、競合・妨害の恐れがあると判断した場合にはご受講をお断りさせて頂くことがあります。当日は、メディア露出などの用途を目的とした写真撮影が入ることがあります。